Home > アーカイブ > 2010-04

2010-04

広島サッカー専用スタジアム構想委員会

あの 広島サッカー専用スタジアム構想委員会さん に大きくお取り上げいただきました。
http://hiroshima-kop.under.jp/wp/?p=1155
大変ありがたい記事に感謝いたします。グーグルで「愛媛FC」で検索したときの当サイトの検索結果順位が一気に一桁に迫る勢いです。(前日までは20位台で過去最高が14位でした。) 広島サッカー専用スタジアム構想委員会さんの影響力の大きさを目の当たりにしました。

大変僭越ですが、2点だけ、関係者の方々からご指摘を受けそうな点をコメントさせていただきます。
1.国体に向けた施設改修費用が約100億円と報道されていますが、これは総合運動公園全体の施設分のようです。体育館に空調がないなど築30年を経て老朽化が進んでいることもあり、施設維持のための相応な改修はやむを得ないと思われます。陸上競技場だけの金額は公表されていないようですが、想定される工事規模やケーズデンキスタジアム改修の事例などから50億程度ではないかと推測しています。ほんとに100億使われるのであればなにがなんでもフクアリクラスを!と叫びたいところではありますが...
2.千葉マリンで開会式を行うことになったのは愛媛県による坊っちゃんスタジアム利用検討の前だったと思われます。野球場での開会式開催は国体の長い歴史でも先例が全くなかったことでもあり、愛媛県が検討したこと自体、またその詳細を公表していることは評価されるべきことかもしれません。千葉マリンで実例ができる今、再考されないとすれば非常に問題であると思いますが。坊っちゃんスタジアムが愛媛県でなく松山市の管轄であることも一つハードルかもしれませんが、現在、国体でもっとも人気があり、観客を集める競技は公開競技である野球のようですので、そのためにもカラービジョンを装着するなど国体予算で坊っちゃんスタジアムをさらにグレードアップすることには十分に意味があるものと考えております。

広島からのエール

スタジアム問題を取り扱うサイトではその内容の質・量ともに最高峰と思われる「広島サッカー専用スタジアム構想委員会」さんからエールをいただきました。http://hiroshima-kop.under.jp/wp/?p=1114#comments
私どもの検討資料など足元にも及ばない緻密な情報収集、考察をいつも参考にさせていただいております。活動の中で辛いことがあるたび、「坂の上の雲の下スタジアム」のCGを見て勇気と希望をいただいています。私どもこそ、是非、どこかで実際にお会いして、ご意見をいただきたいものだと常日頃思っております。

ご当地調査-クラブチームへの愛着

リクルートのじゃらんリサーチセンターが行った地元への愛情の調査で、
http://jrc.jalan.net/jrc/files/research/gotouti_zenkoku_20100330.pdf
野球球団・サッカーチームなどクラブチームに愛着を感じるとした回答のランキングは以下のようになっています。
 1.宮城県  42.6% PL J1
 2.広島県  33.0% CL J1
 3.福岡県  25.0% PL J2/J2
 4.兵庫県  24.8% CL J1
 5.北海道  24.2% PL J2
 6.茨城県  21.2% J1/J2
 7.静岡県  20.8% J1/J1
 8.大分県  17.6% J2
 9.新潟県  17.0% J1
10.埼玉県 15.0% PL J1/J1
    神奈川県15.0% CL J1/J1/J2 
    大阪府  15.0% PL J1/J1
もちろんプロ野球球団のある都道府県が高いランクになっていますが、Jリーグしかない県も高いランクになっており、地元への愛着度合いにJリーグクラブが貢献していることが伺えます。10位より下は公表されていないため愛媛FCの貢献度合いは分かりませんが、愛媛FCが浸透していくことで、愛着度が上がっていくことが期待できる調査結果だと思います。

なお、中四国の調査結果の集計は以下のようになっており、
http://jrc.jalan.net/jrc/files/research/gotouti_tyuusikoku_20100330.pdf
中四国で最も、「地元愛」が強いのは愛媛県民、という結果がでています。このことは4月9日付の朝日新聞に詳しく掲載されています。中四国で全国トップ20位に入ったのは愛媛(16位)と広島(20位)だけです。気候・温泉・ミカンに愛着を感じているとの回答が多いようですが、ここに愛媛FCが加わって欲しいものです。県民性のイメージとしては「のんびりしている方だ」という回答が大半を占めているようですが、こと愛媛FCに関しては高知のように「情熱的な方だ」でありたいものです。

選挙に行きましょう!

25日(日)は松山市議会議員選挙です。
記事にもありますように盛り上がりに欠けているとのことです。投票所の賑やかしにもなると思いますし、「サッカーファンは議会にも注目していますよ」というメッセージになるかもしれませんので、松山市のみなさんは是非、オレンジ色のシャツでもまとって投票に出かけましょう。
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20100424/news20100424035.html

ケンミン投票 あなたの好きなプロスポーツは? 野球 or サッカー

TBSの「秘密のケンミンSHOW!」のホームページで都道府県を指定して「あなたの好きなプロスポーツは? 野球orサッカー」というオンライン投票が行われていました。放送は4月22日(木)でしたが結果が消えないうちにと思い4月20日(水)夜に県ごとの投票結果を拾ってサッカーの%の多い順にならべてみました。またプロ野球、Jリーグのチームの有無も併記しています。「好きなスポーツ」ではなく「好きなプロスポーツ」というところがこの設問のミソです。
http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/enquate/vote_pc.php
もともとサッカーファン(特にJ2ファン)はウェッブサイトや携帯サイトで情報を得る必要があることから全般的にITリテラシーが高いと思われ、こういったオンライン投票はやや高めの数値が出がちですが(全国で野球3:サッカー7というのはW杯イヤーであること、欧州サッカーファンも含まれることを考慮しても少し高すぎる数値かと思います)、それにしても勇気づけられる結果です。愛媛県はJリーグ所在地としては中位ですがそれでも野球王国でこの数値はうれしいものです。今後県民の民意を示す指標として参照したいものです。本放送でどのように評されるかにも注目しましょう。木曜日に最終結果を取得して更新するようにします。

都道府県  野球 サッカー プロ野球 Jリーグ
全国   28.2% 71.8%
岡山県   3.8% 96.2%      J2
福井県   4.3% 95.7%      
鳥取県   6.3% 93.7%      
兵庫県   6.4% 93.6% CL    J1
宮城県  10.8% 89.2% PL    J1
埼玉県  11.8% 88.2% PL    J1/J1
大分県  12.2% 87.8%      J1
大阪府  12.4% 87.6% PL    J1/J1
長崎県  13.6% 86.4%      
鹿児島県 15.0% 85.0%      
新潟県  21.9% 78.1%      J1
山梨県  21.9% 78.1%      J2
徳島県  24.7% 75.3%      J2
岐阜県  25.1% 74.9%      J2
千葉県  25.5% 74.5% PL    J2/J2
熊本県  25.5% 74.5%      J2
北海道  29.7% 70.3% PL    J2
京都府  32.2% 67.8%      J1
茨城県  32.8% 67.2%      J1/J2
香川県  35.3% 64.7%      
滋賀県  36.3% 63.7%      
群馬県  36.8% 63.2%      J2
佐賀県  37.5% 62.5%      J2
愛媛県  39.7% 60.3%      J2
山形県  40.0% 60.0%      J1
長野県  40.9% 59.1%      
岩手県  41.2% 58.8%      
静岡県  41.8% 58.2%      J1/J1
福島県  42.6% 57.4%      
東京都  43.8% 56.2% CL/CL J1/J2
秋田県  43.9% 56.1%      
沖縄県  44.6% 55.4%      
島根県  44.9% 55.1%      
石川県  45.8% 54.2%      
青森県  46.4% 53.6%      
宮崎県  46.9% 53.1%      
三重県  47.1% 52.9%      
愛知県  47.7% 52.3% CL    J1
栃木県  47.8% 52.2%      J2
広島県  48.4% 51.6% CL    J1
奈良県  48.5% 51.5%      
神奈川県 48.7% 51.3% CL    J1/J1/J1/J2
富山県  49.1% 50.9%      J2
和歌山県 49.1% 50.9%      
高知県  49.3% 50.7%      
山口県  49.4% 50.6%      
福岡県  49.7% 50.3% PL    J2/J2
都道府県数           10    27 
チーム数             12    37 

Home > アーカイブ > 2010-04

検索
フィード
メタ情報

Return to page top