Home > アーカイブ > 2010-04

2010-04

中央公園の観察

 私どもが新球技場建設場所の候補のひとつに挙げている中央公園の坊っちゃんスタジアムで年に一度の大イベント、ヤクルトvsジャイアンツ戦が開催されましたのでアクセスや施設の様子など、後学のために観察してきました。写真入りで簡単なレポート 中央公園(坊っちゃんスタジアム)の観察 2010/04/18 にしてみましたのでご覧ください。
 要約しますに、車またはバスでのアクセスには少し改善の余地がありそうなところがあると思われ、また中長期的な改善(外環道路の開通など)も待望されるところで、これらの改善なしで年間20回近く1万人以上の来場があると一般の方々からの苦情が多くでることが想像されます。一方、電車でのアクセスはJRが十分な輸送能力を持っていることがわかりました。なお伊予鉄電車の利用者は徒歩20分の距離が嫌われるためか皆無に近い状況です。(市駅からの合計所要時間は渋滞するバスよりも短いと思われますが)。
 施設については駐車場がやや少ない以外は申し分なく、ひいき目なしいに全国に誇れるものと思います、飲食売店やグッズ売店も十分にこなせていたようです。 強いて言えば、稼働させすぎのためか、天然芝の状態がよくないエリアがあることとビジョンがフルカラー動画を流せないことがマイナス点でしょうか。国体で近年、一番人気があるのは公開競技である硬式野球だそうで、昨年新潟でも2万数千人来場の試合があったようです。是非、国体開会式の開催とともに、国体の補助を活用して、人工芝化、フルカラービジョンの導入などをご検討いただき、坊っちゃんスタジアムをさらに全国的にメジャーにしていただきたいものです。その隣に、われわれが思い描く新球技場の設置候補場所の一つがあります。このすばらしい総合スポーツ施設に球技場がないのはまさに画龍点晴を欠く、ものだと思いました。

Jリーグのスタジアム基準とは?

以下、リンク先が早晩なくなると思われますので、文章ごと貼り付けさせていただきます。
———–
Jリーグがニンスタ改修計画の全面見直し要求

県が3月に発表した2017年の愛媛国体に向けた県総合運動公園ニンジニアスタジアムの改修基本設計に対し、同スタジアムを公式戦で使用するJリーグが「現在のスタジアムの基準も満たしていない」とし、観客の利便性向上のため大幅な見直しを求めていたことが12日までに、分かった。  Jリーグのスタジアムプロジェクトの関係者が4月上旬に同スタジアムを訪れ、バックスタンドにトイレや売店がない、入場ゲートに屋根がない、一部の場所で照明の光量不足―などの不備を指摘。バックスタンドにピッチが見えやすい傾斜をつけるなど、観客の快適性を考慮した設計変更を求めた。リーグ関係者は「計画のままなら愛媛FCは将来、Jにいられなくなる可能性もある」としている。
———–
ここで言われている「現在のスタジアム基準」とは?というご質問をいただきました。おそらく、
http://www.j-league.or.jp/document/jkiyaku/ に公開されています、
スタジアム検査要項[2010年度用] ではないかと思われます。(2,100円で購入可能です)
上記の記事にあります指摘事項に該当する項目がみられます。
スタンドの傾斜については特に具体的な規程はないようにみえますが、「どの座席からもピッチが見渡せる」というのはお金を払って観るものですから当然、「競技性、ゲーム性が十分にわかるように見渡せる」と解釈すべきということでしょう。
それよりもなによりも、去年のダービーくらい来場があると、[IV.アクセス関係 1.駐車場 (1) 一般用:公共交通機関が充実していない場所では、収容人数に見合う台数の駐車場を確保すること]という条件が一番厳しいのではないでしょうか。毎年1回のa-nationでは自家用車完全禁止、シャトルバスのみのようですが、その場合、[1. (11)シャトルバス用:シャトルバスを運行する場合は、シャトルバスのバスプールを設置すること、3.シャトルバス乗降所:シャトルバスを運行する場合は、バスの行先別に待機列スペースがある乗降所を設置すること]が要件となりそうです。今年はラス前、第37節がジェフユナイテッド千葉との対戦で、おそらく昇格が絡む可能性もあり、J1なみのアウェイ側動員が予想されます。なんとかまた「帰りのバスがなかった」といった書き込みがブログに溢れるという事態は避けていただきたいものです。

なお、これらの基準の中には、以前は明文化されていなかった項目もあるようで、
競技場検査要項[2009年度用]
県からすると「聞いてなかった」というところもあるものと思われますが、今後永く使うことが前提の改修でしょうから、過去を振り返っていても仕方がないわけで、最新の基準、また今後想定される改正があればそれらも勘案して計画を、というのが今回の指摘ではないでしょうか。観客の快適性や満足度向上を目指さないとチームが成り立たないわけですから、改修計画全体の抜本的な見直しが始まることを期待します。

松山市市議選立候補者の方々へのアンケートについて

 サポーターグループを取りまとめていただく形で、愛媛FC市民後援会(EHIME-OLE)から、この度施行されます松山市議会議員選挙への関心、市政への関心を、愛媛FCのサポーターとして高めるとともに、候補者の皆さんの愛媛FCやスタジアム問題に対する意識や関心度お伺いし、サポーターはもちろん、広く有権者の皆様にお伝えするため、愛媛FCおよびそのホームスタジアムに関するアンケートが実施されることになりました。
 アンケートの内容については下記のPDFファイルをご覧ください。
 アンケートー愛媛FC・ホームスタジアムについて

 なお、この質問事項のなかで参照している資料は以下でご覧になれます。
 http://www.jsgoal.jp/11mpark/ranking/rating.php 
 これはJリーグのファンで実際に各地のスタジアムを訪れている人たちが、ホーム・アウェイ問わず、実体験に基づいて採点したもので信頼性は高いと思われます。このなかで「アクセス」だけの点数ではJリーグの開催実績のある全国71のスタジアム中、64番となっており、ほかに同程度の順位にあるのは年に1~2度しかJリーグの試合が開催されてこなかったスタジアムばかりです。要するに全国のJリーグ開催地では最悪の立地・アクセスともいえるでしょう。こんな立地のスタジアムに何十億かけていいんでしょうか?またJ1仕様にしていただくとのことですが、現状のアクセスのまま、たとえば1万人の来場(動物園とあわせると最低1万5千人)が実際に可能でしょうか?

 回答をいただきましたら、順次、本サイトにも掲載してまいります。なお、このアンケートにつきましては4月13日付の愛媛新聞朝刊でも取り上げられていますので是非ご覧ください。

パブリックコメントの回答が公表されました

予想されたことではありましたが、残念ながら結果はゼロ回答でした。
公の施設(指定管理者施設)のあり方の見直し(案)に寄せられた意見と県の考え方

せっかくこういった場を設けていただいたわけですから、たとえば工事期間中の対策など、懸念されていることに今少し具体的なご回答をいただきたかったという想いもあり、引き続き関係各方面への問いかけを継続していきたいと考えています。ここで諦めたら10年先、いや50年先まで後悔しそうな気がします。

また、たまたま時期が重なっただけ、とは思いますが、この回答の直前に、県からの発表がありました。(2010年度予算で実施設計に入りますという宣言でもあると思いますが)
ニンジニアスタジアム改修 愛媛国体準備委員会 
(RNB Online News 2010-03-24・17:21 そのうちにリンク先が消えると思いますので勝手ながら引用させていただきます。)
 2017年の愛媛国体開催に向けた準備委員会が開かれ、ニンジニアスタジアムなどの改修方針などが報告されました。
 県庁で開かれた準備委員会には加戸知事などおよそ40人の委員が出席し、2017年の愛媛国体で実施される競技や開催地について話し合われました。委員会では開会式など4種目の競技が行われる県総合運動公園について、およそ100億円をかけ2015年度末までに改修を終えることが報告されました。このうち、陸上競技の会場となるニンジニアスタジアムはトラックを2レーン増設する他、芝生席をすべて個席にし、大型電光掲示盤を設置します。これにより今後、Jリーグ・J1の試合も開催可能になるということです。一方で、水泳や馬術など5つの競技については開催地が未定となっていて、委員会では他県での開催を視野に調査研究していくことにしています。

Home > アーカイブ > 2010-04

検索
フィード
メタ情報

Return to page top